アレルギー

ドッグフードをブレンドするメリット

愛犬の健康を維持するために大切なことの一つが食事の管理です。
犬は飼い主から与えられた食事以外に何かを食べるということはほとんどありません。
多くの犬がドッグフードと水のみで生きています。
ですからドッグフード選びは健康管理でとても大切なことです。
しかし、昨今のペットブームでたくさんの種類が販売されているドッグフードの中から愛犬にあったものを探すのはとても難しいものです。
フードを選ぶ際にも家庭によって様々な優先順位のつけ方があります。
価格、容量、原料、添加物、消費期限、犬によってはアレルゲンが含まれないことや肥満対策なども条件になる場合があります。
このような様々な条件を満たす完璧なフードと出会えることはなかなかありません。
そこで、選び方に困った際にはドッグフードをブレンドするという方法があります。

たとえば、添加物不使用で原料にもこだわったフードを与えたいと思ったとき、問題になるのはその価格です。
やはり原料にこだわればその分価格は高くなってしまいます。
せっかく良い商品でも価格が高くて続けて与えられなければ意味がありません。
そこで、少し安めのフードで納得できる商品とブレンドすることで一回の食事の価格も抑え、なおかつ安心安全な食事を与えることができるのです。
また、他にも栄養やカロリーで気になるところがあればダイエットドッグフードを混ぜて与える方法もあります。
ドライフードで食いつきが悪くなった場合には缶詰タイプと混ぜて与えることで食いつきをよくするという方法もあります。
この際、缶詰タイプは歯に詰まりやすかったりカロリーが高めであったりしますから、ドライフードと混ぜることで歯磨きの役割をしてくれたりカロリーをセーブしてくれたりするメリットがあります。

一つの商品で満足できるフードを見つけるのはとても難しいですから、商品をブレンドしてより自分の理想に近づけることができるのです。
ただし、ひとつ気をつけるべきとして一回の給餌量は守るということです。
商品によって一度の食事の目安が異なります。
きちんと計算して与えないと、食事量が多過ぎれば肥満の原因になりますし、少なければ体調不良を起こす可能性もあります。
ブレンドした場合には、その比率に応じて正しい給餌量を計算の上与えるようにしましょう。