アレルギー

犬の便から見るドッグフードとの相性

犬は話すことができないですから、飼い主がきちんと犬からのサインを拾ってあげる必要があります。
特に体調不良のサインは確実に見逃さないようにする必要が有ります。
犬は人間よりも体が小さいですから、少しの変化でも大病を引き起こす可能性もありますし最悪は死を招く恐れもあります。
体調管理の一つとして便の様子を見ることもとても大切なことです。

血便のようなものはもちろんですが、便の硬さやニオイについてもいつもと違いがないか確認することが必要です。
ニオイがキツイときいは消化不良を起こしている可能性があります。
犬は消化が苦手ですから消化不良が続くのはフードの相性が悪いと考えるほうがよいでしょう。
下痢が続く場合には、消化不良だけでなくアレルギーの可能性もあります。
アレルギー反応が起こると、下痢が続いたり皮膚がただれたりかゆくなったりするのです。

例えば、拾い食いをしたとか食べ過ぎたなど原因のはっきりしている下痢であったりすぐに治るものであればさほど心配することはありません。
人間も体調によっていつもと同じことをしてもお腹がゆるくなるように、犬にだってそういうことはあります。
しかし、下痢が何日も続くとその原因を探る必要があります。
下痢が続けば脱水症状を起こすこともありますから必ず医師に診てもらい適切な処置を受けましょう。
アレルギーであればアレルゲンを突き止め除去食を与える必要がありますし、何か病気があるようならその治療が必要です。
いずれにしても素人判断は難しいですから必ず診察を受けるようにしましょう。
アレルギーでなくても穀物の消化が苦手な犬もいます。
安価で粗悪なドッグフードは原材料の価格を抑えるために穀物でかさ増ししているものがあります。
そのような穀物の比率の高いものを与えると消化がうまくできずにお腹を壊すことがあるのです。
少量の穀物は便秘解消やダイエットの効果がありますが、あまりに多量に与えるのはあまり良くありません
そういったフードとの相性もありますから、判断が難しい場合には医師に相談して適切なフードに変えるようにしましょう。