アレルギー

アレルギー対策に手作りドッグフード

愛犬の健康を考える中で、手作りドッグフードが注目されています。
手作りをする一番のメリットは使用する食材が目に見えることです。
基本的に市販のドッグフードに使用されている原材料がどのようなものかを目にすることができません。
そのため、品質表示を信じるだけしかできませんし、その鮮度を自分の目で確認することはできません。
しかし、手作り食を用意する際には私たちの食事で用いる食材と同じものを使います。
自分の目で食材を選べるので安心安全と言えます。

そして、もう一つのメリットとしてアレルギー対策ができるという点があります。
ドッグフードを与えている中で下痢が続いたり、体を掻きむしったり発疹が出てしまったりすることがあります。
このような場合、もっとも多いケースがアレルギーです。
人間同様に犬にもアレルギーがあります。
大豆や鶏肉、穀物、添加物や農薬、といった様々なものがアレルゲンとなります。
最近では、アレルギー対策のドッグフードが販売されており、このようなアレルゲンとなるものが除去されているドッグフードもあります。
しかし、アレルゲンとなるものはたくさんあり、その特定はなかなか難しいものです。

アレルギーが疑われる場合にはまず病院で診察をしてもらいアレルギーの特定、治療が必要です。
その後、アレルゲンを除去した食事を摂るのですが、愛犬に合った除去食がない場合もあります。
そのような際には手作り食が役立つのです。

手作りというととても難しく考えがちですが、栄養計算の指示を医師に受ければさほど難しいものではありません
また、料理でもっとも難しい味付けが手作りドッグフードには必要ありません。
簡単に言うと必要な食材を鍋に入れて煮るだけなので決して難しいものではないですし、慣れてくれば人間の食事と並行して調理することができるようになります。

ただし、手作り食にもデメリットはあります。
まずは、アレルゲン以外にもたまねぎのような与えてはいけない食材があることに気をつける必要があります。
そして、震災のような非常時や、ペットホテルに預ける時など、手作り食を与えられない時のために亜耐えられるドッグフードを知っておくことと食べ慣れさせておく必要があります。
これらのことに気をつけつつ不安があればその都度医師の指示を受けながら手作り食を与えてみましょう。